ユニクロと無印良品のインナーダウン比較!違うのは値段だけじゃなかった

無印良品軽量ダウンポケッタブルノーカラーベスト

ユニクロの「ウルトラライトダウンコンパクトベスト」と、無印良品の「軽量ダウンポケッタブルノーカラーベスト」。

どちらも薄くて軽量、コンパクトに畳んで収納できる上に、保温性も高いという高機能ダウンです。

インナーダウンとして、スーツやジャケットの下にも着られるので、ビジネスにもカジュアルにも両方対応できる、秋冬シーズンの万能アイテムです。

でも、「ユニクロ」と「無印」どちらを買おうか、悩んでいる方も多いでしょう。

という訳で・・・

ユニクロの『ウルトラライトダウンコンパクトベスト』

     VS

無印良品『軽量オーストラリアダウン ポケッタブルノーカラーベスト』

2019年の最新モデルを比べてみました。

スポンサーリンク

ユニクロと無印のダウンベスト比較

ユニクロ「ウルトラライトダウン」   無印「軽量ダウン」

ユニクロ「ウルトラライトダウン」vs 無印「軽量ダウンベスト」

ともに、Mサイズ・黒です。

『ユニクロ』と『無印良品』2つのダウンベストを、機能性・デザイン性・価格に分けて、5段階評価をしてみました。

あくまでも個人的な印象での評価ですので、ご了承くださいませ。

 ( *・ ω・)*_ _))ペコリン.

機能性比較

素材表示は、両方とも以下の通り同じです。

【表地】100%ナイロン

【中わた】90%ダウン、10%フェザー

違いは?

◆ユニクロのダウンの表地には、耐久撥水加工がプラスされ、光沢を抑えたマットな質感になりました。

多少の雨や雪ならはじくことができます。

◆裏地には、静電を軽減する加工が施された生地が使われています。

★詳しい商品情報⇒ウルトラライトダウンコンパクトベスト

◇無印良品のダウンの中わたには、2018年から「オーストラリア産”フィルパワー750の軽量ダウン”」が使われています。

「健全な飼育」と認定されたオーストラリア産ダウンを使用しています。

強制給餌をしない、生きたまま羽毛を取らないという責任あるダウン調達の基準をクリアしているもののみを使用。

デザインや機能だけでなく、飼育環境や採取方法といった自然に対する向き合い方も考えながら、原材料を選択しています。

無印良品のダウンは、機能性以外のこだわりもアドバンテージポイント。

一方、ユニクロでは、着なくなったウルトラダウンのリサイクル活動を実施しています。

★⇒軽量オーストラリアダウン ポケッタブルノーカラーベスト

ユニクロ 無印 インナーダウン

【左】ユニクロのダウン薄く、最新モデルではパイピングテープを廃止しスッキリとした印象です。

ただし、耐久性に関しては未知数かなという気がします。

【右】無印のダウンは、膨らみの大きいフィルパワー750のダウンが使われているす。

無印良品軽量ダウンポケッタブルノーカラーベスト

ご覧の通り、肩や背中の辺りまでふっくらとしています。

着ていなような軽さなので、まるで陽だまりにいるような暖かさ♪

たたみ方、収納方法にも違いがあります。

ユニクロは、畳んで付属の「収納ポーチ」に収納するタイプです。

ただし、普段はわざわざ収納しないという人も多いのでは?

「収納ポーチ」を別置きにしている間に、なくしてしまうこともあります。

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

そのため、ユニクロ2019年モデルでは、ダウンベストの内側に「収納用ポーチ」が取り付けられる“ループ”がプラスされました。

無印良品は、ポケッタブルタイプのため、付属の「収納ポーチ」などはありません。

ユニクロのように、「収納ポーチ」をなくしてしまう心配はナシ!

ただし、たたみ方が分かり難いことがややネックです。

どちらも、一長一短といった感じでしょうか。

無印 ダウンベストのたたみ方

機能性については、それぞれ拘っているポイントや目指している方向性に違いがあり、単純に比較することは難しいと感じました。

機能的には、どちらも大きなマイナスポイントは無い。

そう言って良いのではないでしょうか。

主観的な暖かさは、どちらも同じくらいです。

無印のふっくらしたダウンも、ユニクロのフィット感の有る薄めのダウンも、着てみると、保温性には特に大きな差は感じません。

メーカー 機能性評価
ユニクロ
無印良品

デザイン比較

ユニクロ 無印 インナーダウン比較

袖口のゆとり感に、かなり違いがあります。

キルトのピッチ幅にも違いがみられます。

【左】ユニクロは、無印より細めで均一のピッチです。

【右】無印良品は、胸から上のピッチが広くなっています。

ユニクロ 無印 インナーダウン比較

ウエストラインの違いはご覧のとおりです。

【左】ユニクロ:身幅46cm

【右】無印良品:身幅49cm(サイズ表記:胸囲98cm)

※どちらも【Mサイズ】

身幅は、ユニクロの方が3cm細めです。

ユニクロのサイズ感は、ジャストサイズという感じです。

キルトのピッチが細めで、ウエストラインや肩のラインがスッキリ細く見えます。

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

さらに、エリの『2WAY仕様』がアドバンテージ。

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

しかし、Vネックにした場合アウター時に、ラインに響くので気になります。

あくまでもインナーとして着る時でしょう。

ジャケット着用時には非常に有効です。

ご覧の通りダウンが見えないので、非常にスマート!

無印良品 インナーダウン

無印良品のサイズ感は、全体的に大きめです。

インナーダウンとしてはワンサイズ下げないと、かなりモコモコとしてしまいました。

肩のラインやウエストラインがスッキリとは行かず、着ぶくれ感があります。

女子としてはちょっと気になります。

メーカー デザイン性評価
ユニクロ
無印良品

価格比較

ユニクロは、税抜き3,990円、税込み価格4,389円

ウルトラダウンコンパクトベスト

無印良品は、昨年より1,000円値下げされ、税込み価格2,990円

軽量オーストラリアダウン ポケッタブルノーカラーベスト

価格差は1,339円です。

ユニクロの場合は、期間限定価格の対象になった場合、概ね1,000ほど割引きで買えることがあります。

無印良品も、無印良品週間や期間限定価格の対象になれば、割引きも期待できます。

メーカー 価格評価
ユニクロ
無印良品

まとめ

無印良品 軽量ダウンベスト

ユニクロも無印も、高機能、軽量・コンパクトを謳った一見すると同じように見えるダウンベスト。

しかし、比較してみると両者の特徴が浮かび上がって来ました。

デザイン的な視点でいうと、『ユニクロ』の方がイワユル”きれいめ”です。モコモコ感がなく、シルエットを重視したい時は断然おすすめ。

一方、”フィルパワー750”の膨らみの大きいダウンを使用した『無印良品』は、ダウンの持ち味である保温性を重視し、値段を安く抑えています。

収納の仕方や、生地の加工にも違いがあります。

選ぶポイントは、ダウンの保温機能なのかデザイン重視か、あるいは価格が決めてなのか。

それぞれのユーザー好みや求めるものによって、両者の評価も分かれるところでしょう。

また、サスティナビリティへの取り組み、CSR(社会的責任)等、それぞれの製品づくりに企業の姿勢が現れています。

さて、皆さんは、どちらのダウンベストを選びますか?

ユニクロダウン

ユニクロ『ウルトラダウンコンパクトベスト』

それぞれのダウンを個別に解説しています。

どうぞご参考に(ˊ꒵ˋ∗)◜∗.♪

★ユニクロのウルトラライトダウンコンパクトベスト

ユニクロ『ウルトラライトダウンコンパクトベスト2019』解説!

★無印良品の軽量オーストラリアダウンポケッタブルノーカラーベスト

無印良品「ノーカラーダウンベスト2019」口コミレビュー

♥最新ダウン情報 .。。.:♦♥♦:.。

さて、今年の冬はとても暖かい日が続いています。

暖冬の影響もあってか、各ブランドやECサイトでは、ダウンがかなり残っている模様。

この冬のセールでは、そろそろ底値に近づいています。

ワンランク上のブランドのダウンだって、今なら破格のお値段で買えるチャンスです。

 

これ、かなり使える✨

手洗いができて、インナーダウンも付いた3WAYのダウンコートを発見しました。

 

 

 

suadeo

手洗い可!【雑誌 InRed 掲載商品】

TAIONコラボ インナーダウン付3WAYコート

8,000円(税抜き)

 

ライナーに90%ダウン・フェザー10%の洗える超軽量ダウンを使用したベスト付き。

持ち運びも便利なインナーダウンは、コート単体、ダウンベスト、ダウン付コートと季節に合わせて長く使えます。

撥水機能も備えているので、おでかけや簡単なアウトドアにも対応できる“使える一着”です。

 

人気雑誌「MORE」や「LEE」でおなじみの集英社のショッピングサイト「集英社フラッグシップ」では、ただいまMAX90%!HAPPY SALE開催中です。

 

ご存知でしょうか?

雑誌を一緒に購入すれば、フラッグシップでのお買い物が送料0円(ゲストは対象外、会員のみ)です。

※雑誌掲載商品も購入できます。

 

 

『TODAY’S LIMITED PRICE』タイムセールなど、お得なチャンスもお見逃しなく!

ファッションアイテムの他、素敵なインテリア用品・雑貨類なども、多数ラインナップされています。

 

『 In Red 』1月号の付録をご紹介しています。

『In Red』1月号は2大付録付き。ムーミン&リトルミイのマルチケースを写真で詳しくご紹介します。無印良品やユニクロなど、コスパブランドのコーデ特集も参考になります。

 

オンワード

【自由区】

【マガジン掲載】ロングダウンコート

¥35,200¥24,640 (税込み)

 

オンワード

【any FAM】

【洗える】フォックスファーロング ダウンコート

25,300円17,710円(税込み)

 

オンワード

【Feroux(フェルゥ)】

プレミアムレディ ダウンコート(ロング丈)

21,890円15,323円 (税込み)

オンワード・クローゼット

 

初めての方にチャンス!

オンワードの通販サイト『オンワード・クローゼット』を初めて利用される方には、ただいま最大2,000円OFFクーポンがプレゼントされます。

オンワード★SALE

 

 

ファッションウォーカー

Noela(ノエラ)

ロングダウンコート

38,500円15,400円(税込み)

 

ファッションウォーカー

Rewde(ルゥデ)

【3WAY】バックリボンダウン

20,900円10,450円(税込み)

 

ファッションウォーカーSALE

《全品送料無料》

ただ今、クーポン対象商品が多数ラインナップ中です。

 

伊勢丹オンラインストア

SHOO LA RUE(シューラルー)

スーパーライトソフトダウンコート

7,698円(税込み)

 

伊勢丹オンラインストア

LANVIN en Blue(ランバンオンブルー)

2WAYダウンジャケット

15,950円(税込み)

伊勢丹オンラインストア

伊勢丹のSALE!

 

ナノ・ユニバース

【WEB限定】

ファーフードロングダウン LIMONTA EAST

29,700円17,820円(税込み)

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式サイト

 

在庫状況や価格などは、記事掲載時の情報のため、完売やセール価格の変更などの際は、ご了承ください。

※2020年1月16日現在

 

★Amazonのダウンも、スゴイことに。。。

(人◕ω◕)*・゚☆

Amazonダウンジャケット&コート

スポンサーリンク

「ユニクロ」最新オトク情報

『ユニクロ誕生感謝祭』とは

ユニクロでは、創業祭と銘打ったセールを年に2回大々的に実施しています。

ユニクロ感謝の特徴は、これからのシーズンに必要なアイテムが

お買い得品の他に、その時々で目玉となる企画が

例年『ユニクロ誕生感謝祭』は、5月と11月に開催されています。

 

ユニクロ誕生感謝祭

 

次の予定は、2020年5月です。

どうぞお楽しみに。。。

 

感謝際だけが、オトクなのではありません。

只今の注目のお値下げアイテムは、これ!

ユニクロ『今週の値下げ商品』を見てみる

「無印良品」最新オトク情報

【速報】

2020年1月20日(月)

無印良品ネットストアが復活しました。

 

無印良品 銀座にて、MIJI tour GINA〈5F・MUJI HOTLE編〉が1月27日に開催されます。

どうぞ、ご参考に・・・

MUJI HOTEL GINZA(ムジホテル銀座)に泊まってみた。客室の内部・予約や値段を徹底解説

 

さらに、別のタイプの部屋にも泊まりました。

『ムジホテル銀座』宿泊体験レポート第二弾。ツインと2段ベッド本音で口コミ!

 

★無印良品『福袋2020』情報★

『福袋』の中身を大公開!

無印良品『福袋』の中身を全てネタバレ

 

令和最初の『福缶』は手に入れましたか?

 

新年の初売りは、『福缶』です。

その買い方は損です!無印良品の「福缶」をお得に購入する裏技と中身を大公開

 

無印以外にも、魅力的な『福袋』を多数ご紹介しています。

『福袋』カテゴリーを見てみる

 

 

無印良品では、年末年始のお買い得品が多数ラインアップされています。令和最初のお正月には、福缶だけでなく冬のあったかグッズや人気のカレーやお菓子をお得にゲットしましょう。

『無印良品週間』だけでなく、その時々で色々なキャンペーンや企画などがあります。

上手に活用して、オトクにお買い物したいですね。