ユニクロ『ウルトラライトダウンコンパクトベスト2019』解説!更に得するリサイクル情報

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

ウルトラライトダウンコンパクトベスト2019

ユニクロでは、2019年 最新モデルの『ウルトラライトダウンコンパクトベスト』が発売されています。

令和最初の記念すべき(?)最新モデルのウルトラダウンです。

2019年モデルは、一体どのような進化を遂げているのか、気になりませんか?

ということで、私は実際に着て確かめてみました。

今度のウルトラライトダウンコンパクトベストの特徴は、“2WAY仕様”です。

詳しく解説いたします。

スポンサーリンク

ウルトラライトダウンコンパクトベスト2019年最新モデル

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

■価格3,990円(税抜き)

■素材

【表地】100%ナイロン

【中わた】90%ダウン、10%フェザー

【裏地】95%ナイロン、5%複合繊維(ナイロン)

■カラー展開:グレー、ブラック、ブラウン、オリーブ、ネイビー

■サイズ展開:XS・S・M・L・XL・XXL・3XL・4XL

なお、『XS』及び『XXL・3XL・4XL』サイズは、オンラインストア限定です。

2019年秋冬モデルの特徴

1.エリが、コートの下に重ねても見えないようにVネックにできる「2WAY仕様」になった。

2.静電気を軽減する裏地に変更され、よりインナーダウンとして使いやすくなった。

3.アームホールのストレッチテープを撤廃し、すっきり見えるようになった。

4.コーディネートしやすい、マットな質感に変更された。

5.耐久撥水加工がプラスされ、多少の雨雪ならはじくことができる。

6.胸や肩まわりがすっきり見えるように、ウエスト上のキルトのピッチが統一された。

7.左脇の内側に収納用ポーチを取り付けられるループがプラスされた。

ウルトラライトダウンコンパクトベストを写真で解説

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

ウエスト上のキルトのピッチが統一されています。

ウエストのラインも、ダウンにしてはきれいめ。

胸や肩まわり、ウエストも心なしかすっきり見えるように感じます。

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

ユニクロウルトラコンパクトダウンベスト

前回のモデルまでは、表面の生地にテカリがあり、ややチープな印象でした。

表地がマットな質感に変わり、見た目の印象がちょっぴり上品になっています。

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

袖口(アームホール)の「ストレッチテープ」がなくなりました。

野暮ったさが軽減され、すっきり感がアップしているかも(?)

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

↑ご覧のように、ベストの左脇の内側には、「収納用ポーチ」を取り付けられる“ループ”がプラスされています。

「収納ポーチ」を無くさずに済みそうですね。

裏地には、静電を軽減する加工が施された生地が使われています

そのため、静電気が抑えられて、パチパチしにくい(笑)

より快適にすごせるようになりました。

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

また、耐久撥水加工がプラスされたため、多少の雨雪ならはじいてくれます。

よりハイブリットになっていることが分かります。

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

ユニクロダウンベスト2WAY仕様

最新モデルの一番の特徴といえば、2WAY仕様のネック部分です。

ダウンの裏地に『浅めのVネック』と『深めのVネック』に切り替えるための「スナップ」が取り付けられています。

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

左右に付いているスナップの位置を替えるだけで、エリのVネックが簡単に切り替えられます。

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

Vネック仕様にしてみました。

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

スナップがあるため、袖口の部分にややひきつれ感が出ています。

アウターとして着たい時には、「Vネック仕様」は余りおすすめできないかも(笑)

ウルトラダウンベストは、インナーダウンとして着る機会も多いと思います。

Vネックの仕様の違いを、ジャケットをコーディネートした状態で比べてみました。

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

ノーマル仕様です。

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

浅めのVネック(1つ目のスナップ位置)

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

深めのVネック(2つ目のスナップ位置)

こうすると、ジャケットからダウンがはみ出しません。

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

スッキリと着こなせますから、オフィスコーデにもとても便利です。

この2WAY仕様のネックに加えて、裏地の静電気も抑えられているので、インナーダウンとしての使い易さが向上しています。

ユニクロウルトラダウンコンパクトベスト

軽くて暖かい上に、着心地の良さも変わりません。

薄くて着ぶくれしないためか、シルエットがスッキリとして見えました。

サイズ感も丁度よい感じです。

マットな質感になったことで、コーディネートの幅が広がりそうです。

今回のアップデートでは、機能性とデザイン性、どちらもブラッシュアップされていました。

ウルトラダウン特集(レディース)

『ユニクロ』vs『無印良品』ダウン対決!?

ユニクロのコンパクトダウンベストと双璧をなすものと言えば、無印良品のダウンベストでしょう。

無印良品の名称は、『軽量オーストラリアダウンポケッタブルノーカラーベスト』です。

★詳しい商品情報⇒軽量オーストラリアダウン ポケッタブルノーカラーベスト

定価2,990円(税込み)です。

ちなみに、2018年モデルは、3,990円(税込み)でした。

実は、無印良品では、毎年のように「価格見直し」(※実質値下げ)を行っており、『ポケッタブルノーカラーベスト』は、今年の「価格見直し」対象商品の一つです。

無印良品では、以前から【税込み表記】で販売していました。

2019年10月の消費税率10%引き上げの際も、価格はそのまま据え置かれ増税していません。

従って、ユニクロの『ウルトラライトダウンコンパクトベスト』よりも、無印良品の『軽量オーストラリアダウン ポケッタブルノーカラーベスト』の方が、税込み価格で比較すると、1,399円安いことになります。

お値段的には、無印がリードしています。

ただし、ユニクロは、エリの2WAY仕様、生地の加工などアップデートしています。

ユニクロと無印、どちらの「ダウンベスト」も軽量かつポケットサイズに畳めるコンパクトタイプ。

インナーダウンとしてもアウターとしても着られる高機能性をウリにしています。

「ユニクロ」と「無印良品」のダウンベスト、どちらを買おうかと悩んでいる方も多いのでは?

◆無印良品の『ダウンベスト』も紹介しています。

無印良品「ノーカラーダウンベスト2019」口コミレビュー

ユニクロ「ウルトラライトダウン」   無印「軽量ダウン」

更に!ユニクロvs 無印良品

2つのダウンを【機能性・デザイン・価格】5点満点評価し、徹底比較してみました。

ユニクロと無印良品のインナーダウン比較!違うのは値段だけじゃなかった

無印良品の最新モデルのダウン各種ご紹介中です。

更に、最新オトク情報もあります✨

ぜひ、参考になさってください。

無印良品のダウンコート&ジャケットの口コミレビュー!2019年モデルは買いなのか?

ユニクロ最新オトク情報

『ユニクロ誕生感謝祭』とは

ユニクロでは、創業祭と銘打ったセールを年に2回大々的に実施しています。

ユニクロ感謝の特徴は、これからのシーズンに必要なアイテムが

お買い得品の他に、その時々で目玉となる企画が

例年『ユニクロ誕生感謝祭』は、5月と11月に開催されています。

 

ユニクロ誕生感謝祭

開催期間:2019年11月22日(金)~11月25日(火)

※終了いたしました。

 

次の予定は、2020年5月です。

どうぞお楽しみに。。。

 

感謝際だけが、オトクなのではありません。

只今の注目のお値下げアイテムは、これ!

ユニクロ『今週の値下げ商品』を見てみる

 

只今「ユニクロ」では、着なくなったウルトラダウンのリサイクル活動を行っています。

回収にご協力された方には、今なら、1,000円割引券プレゼント!

 

着なくなった「ウルトラライトダウン」を持ってGo

ε=ε=ε=(o゜―゜)o

 

割引券の配布期間は、2020年1月9日まで!

延長されましたよ。

 

★詳しくは⇒リサイクルについて

◆『ユニクロ誕生感謝祭』で一番得する情報

『ユニクロ感謝祭セール』はいつ?一番オトクな裏技は「マルコとマルオの7日間」エポスカード優待