この行列ヤバ過ぎる!『ベーカリーテラス』東武百貨店池袋店~「ブールアンジュ・デイジイ・サンチノ」人気のパンが結集

スポンサーリンク
バナーPC

2017年9月21日(木)
「東武百貨店 池袋店」さんが、注目の≪ベーカーリーテラス≫をオープンしました。

東武百貨店 池袋店では、55周年を迎えるにあたって「自由に選べて、過ごせる食の空間」をテーマに、地下1階の8~11番エリアを全面的に改装しました。

まずは、2017年9月21日「ベーカリーテラス」のオープンを皮切りに、10月19日には「スイーツマーケット」、10月26日に「デリマーケット」が、11月2日「酒Market」が、オープン

ちょっとしたお土産から”少し贅沢なご褒美”まで 「食のライフスタイルを彩るフードゾーン」として、グランドオープン!

第一弾!「ベーカリーテラス」のオープニングの様子を取材して参りました。

٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪

オープン当日、午後を回っているにもかかわらず大変な「人」「ひと」「ヒト」(^^♪

とにかく行列が絶えなませんでした(≧∇≦)

 

ベーカリーテラスとは?

それぞれ個性的な3つのレギュラーショップと、 月替わり・週替わりのイベントスペースでは、評判のベーカリーが登場します。

レギュラーベーカリーとは・・・

  1. 見た目にも美しく美味しい『出来立て』パンを提供する、ただいま人気急上昇中の「ブールアンジュ
  2. 地元埼玉で人気のベーカリーが東京初出店「デイジイ東京
  3. 大人気ベーカリーを、次々にオープンさせている有名な”オーナーシェフ”がプロデュースした「サンチノ

いずれも東京エリアまたは、池袋エリア初出店のショップです。

注目が集まるわけですね(*゚∇^*)ノ~

それでは早速、注目の「レギュラーベーカリー」をご紹介して行きましょう!

『BOUL’ANGE 〈ブールアンジュ〉』

伺ったのは、午後2時前後だったしょうか・・・とにかくずっと行列!

トレーを持ったお客さんが「待ってました!」とばかりに、焼き上がったパンを次々にトレイに乗せていきます。

スタッフさんは、パンを運ぶのに走り回り、レジもフル稼働でした。。。本当にお疲れ様ですm(_ _)m

『ブールアンジュ』さんのお店だけは、自分で自由にパンを選んでいくオープンスタイルです。

ベーカリーテラスの3ショップの中では、最も広いスペースを占めており、メインベーカリーであることが一目瞭然でした。

オープン時間も「ブールアンジュ」さんのみ、午前8時から開いています。

さて、『ブールアンジュ』といえば、「トースト専用」と「生食専用」それぞれ特徴的な2種類の食パンですが、もちろん「東武百貨店池袋店」にも登場!

『食パン』について、こちらで紹介してます⇒『ブールアンジュ 新宿サザンテラス店』

『BOUL’ANGE 〈ブールアンジュ〉』とは?

名店「ゴントランシェリエ」から、2017年6月1日渋谷店を皮切りに、全国のお店でブランド変更により『ブールアンジュ』へとリニューアルしました。

◆記念すべき1号店!渋谷店についてはこちら『ブールアンジュ 渋谷店』

実は、ここ池袋店さんだけは正真正銘のNewオープン!

ブールアンジュさんの他のお店とも違ったパンが並んでいましたよ☆⌒(*^-゚)b

デイジイ東京

埼玉県に6店舗を展開する地元密着型ベーカリーのデイジイが、今回新たに立ち上げたブランド「デイジイ東京」

今回、満を持しての東京エリア初出店!

コンセプトは『日常的に食べるなら、やっぱりNIPPONのパン』

オリジナルの味や素材、技術にこだわったパンの数々が楽しめます。

人気No.1は、農林水産大臣賞受賞の『クロワッサンB.C』(250円)

どこか懐かしいデニッシュパンの味がしました。

※「ミックスベリー」(300円)
※「スティックサンド」(350円)

サンチノ

「365日」「15℃」といえば、パン好きさんであれば良くご存じの有名店ですよね?
その有名店のオーナーシェフであり、ベーカリーのプロデューサーとしてもご活躍されている杉窪章匡さんがプロデュースしたのが『サンチノ』

『~さん家の』や『~産地の』がネーミングの由来となっています。

コンセプトは『温故知新。日本各地のご当地パンや、昭和の懐かしいパンを、現代風にア再構築する』

『ヒスイの輝き』290円

マスカットがまるで翡翠のようですね。

味は・・・バランス良いとは言えないなぁ(´~`;

『サンチノのカレーパン』(170円)

パンは、揚げていないのでヘルシー!でも、なんだか不思議な味がしました(- -;)

※食パンは『豆腐屋サンチノ食パン』(420円)
※『野球帽』(180円)

国産小麦、無添加、手作りにこだわる自然派ベーカリーを目指しているそうです。

ヘルシーでとてもユニークなパンが並びます。

「温故知新」過ぎるのでしょうか!?
「現代的なアレンジ」という程の「味のクオリティ」は感じられませんでした。。。

期待し過ぎだったかしら テヘヘッ(*゚ー゚)>


3つのレギュラーベーカリーに加えて、イベントスペースが設けられています。

イベントスペースでは、人気のショップが週替わり、月替わりで出店しますよ。

どうぞ、お楽しみにヾ(❀╹◡╹)ノ゙❀~

そして、’17年10月19日(木)注目の『スイーツマーケット』がオープンしました!

◆「スイーツマーケット&ハンデルスカフェ」レポートは、こちら↓

コーヒー月額飲み放題!「ハンデルスカフェ」&「スイーツマーケット」東武池袋店にNEWオープン
’17年10月19日(木)『Sweets Market〈スイーツマーケット〉』東武百貨店池袋店 NEWオープン! ここ池袋駅直...

◆「デリマーケット&酒マーケット」は、こちら↓

イートインメニューも絶品!池袋東武「デリマーケット&酒マーケット」新デパ地下グルメ
東武百貨店池袋店は、55周年記念ということで、B1フロアが魅力的な「食の提案」のある美味しいゾーンへとリニューアル :.゚ヽ(´∀`...

美味しいパンを、もっと楽しもう!

美味しいパンは、日々の生活に彩を添え、心を豊かにしてくれます。

ベーカリーやカフェは、とても身近なものとなりました。

さて、お次は・・・?

『美味しい自家製パンに合うお料理とお酒を、おしゃれに楽しむ』・・・クリスマスパーティや女子会、いつもよりちょっとおしゃれな忘年会なんて、いかがでしょう?

パン好きさんにおススメ!⇒「六本木でおしゃれ忘年会なら、麻布FLAT」

注目のNewオープン情報!

「俺のイタリアン」が、2017年12月新橋に帰ってきます!

■詳しくはこちら予約開始!Newオープンの『俺のイタリアン新橋赤レンガ通』

こっちも、見逃せない(⋈◍>◡<◍)。✧

東武百貨店 池袋店「ベーカリーテラス」

■B1F 8・9番地

豊島区西池袋1-1-25

MIJIカードをオススメする4つの理由
無印良品が好きな人には必須のカード

毎年1500円分の買い物ポイントが貰える
●年会費は永久無料だから安心
●無印良品の店舗利用はポイント3倍
●「無印良品週間」は10%OFF!
MUJI Card 公式ページを確認する
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする