無印良品「ムジホテル銀座」の朝食サービス公開!レストラン『WA』のメニューが美味しかった

日本初の『ムジホテル銀座』に宿泊してみました。

ムジホテルの内部については、既にご紹介しています。

MUJI HOTEL GINZA(ムジホテル銀座)に泊まってみた。「無印良品 銀座」にオープンした客室の内部・予約や値段を徹底解説

せっかく『ムジホテル』に宿泊したら、朝食も堪能したいと思いませんか?

フロントのある6Fには、和食レストラン『WA』が併設されています。

宿泊者の朝食サービスは、『WA』でいただくことが出来ます。

『郷土のおばんざい』を中心とした和食が楽しめる『WA』ですが、朝食の他に、ランチやディナータイムも魅力的です。

朝食サービス、ランチメニュー、ディナータイムまで、それぞれのお料理を実際に食べてみました。

スポンサーリンク

レストラン『WA』について

場所:無印良品 銀座「ムジホテル」6F

席数:51席

【コンセプトについて】

南北に長い日本ではそれぞれの気候や風土で育まれ、食べつながれてきた味があります。

そしてその味には、その時々の自然の恵みを無駄なく美味しく食べる知恵と工夫がつまっています。

『WA』では定期的に日本の各地を訪れて、それぞれの地域のくらしに染み込んだ味を見つけて、お届けしていきます。

日本各地で食べ続けられているふるさとの味に触れ、豊かな日本の風土を、食を通してお楽しみいただけるお店を目指します。

ご注文ごとに一合羽釜で炊き上げるお米は、高品質なお米の産地として注目が高まっている飛騨高山のコシヒカリをお楽しみいただけます。

日本酒は、老舗から若手まで腕利きのつくり手から集めました。

スタイリッシュな店内は、ウッディで落ち着いた空間です。

堅苦しさもなく、気軽に楽しめる雰囲気に溢れています。

只今の郷土のお料理は、大分県編。

大分県のお料理が楽しめるのは、6月末までの予定です。

朝食サービス

朝食は宿泊者限定です。

ホテルの宿泊予約の際に、オプションで「朝食サービス」が付けられます。

■朝食サービス【一人:1800円】

■時間:7:00~10:00

フロント脇にあるレストラン『WA』で、和洋折衷のお料理がブッフェスタイルで並びます。

ホテル朝食に良くある和食と洋食メニューだけではありませんでした。

フレッシュな野菜やフルーツから、本格的な和食まで色々と目移りしてしまいそう。。。

日本の風土に合った「郷土のおばんざい」は、各地域で受け継がれる食の知恵が生きています。

一日の始まりに、美味しい旬の素材を味わえる朝食で元気をもらいました。

ランチタイムメニュー

『ムジダイナー』と比べると、それほど混雑はしていないかな。

オープン前から話題になっていたのは、もっぱら『ムジダイナー』でした。

もしかしたら、6Fのフロアにもレストランがあること、まだ余り知られていないだけかもしれません。

ランチタイムのメニューは、思ったよりも豊富でした。

しかも銀座のど真ん中のホテルランチにしては、リーズナブルです。

期間限定メニューもやっぱり外せません

今シーズンは、大分県がテーマです。

『ごまだしうどんセット』1,000円

ごまだしを混ぜる前に、そのままのお出汁で味わってみました。

その後、ごまだしを混ぜると、また違った出汁の味わいが楽しめます。

コシが強過ぎず食べ易いうどんに、たっぷり乗せられた海苔の風味も美味しかったです。

薄味の肉じゃがや、フレッシュなサラダも付いています。

うどんというと、栄養のバランスが心配になりますが、これなら大丈夫。

やはり、定番のランチメニューも気になります。

『WAの鮨おぜん』をチョイス。

せっかくのオープニングですから、一番高いメニューにしてみました。

ふっくらと柔らかく旨味のあるとり天です。

火加減も揚げ加減も抜群なのでしょう。

ご覧の通り、良い素材が使われていることが一目で分かります。

期待を裏切らないことって、とても重要です。

ほんの少し非日常を味わえるランチタイムを過ごしました。

夕食メニュー

主人も私もお酒をほとんど飲まないため、お食事メインでも気兼ねせずに利用できるお店はとても助かります。

何となく敷居が低く誰でも利用しやすい雰囲気が漂う、「無印良品」らしいお店だと思います。

お一人でディナータイムを過ごしている方もいらっしゃいました。

目の前で炊き上がるツヤツヤのごはんを見ると、とても満ち足りた気分に浸れます。

『飛騨コシヒカリ プレミアム羽釜炊き』

もっちりと甘みの強いごはんが炊きあがりました。

一品料理は、キラリと光る粒ぞろい。

その割に、とてもリーズナブルです。

ディナータイムは、お酒に合うお料理が揃っています。

お料理はどれも一つ一つ丁寧に作られていました。

期待を裏切らない美味しさに好感が持てます。

ムジホテル銀座のコンセプトは、

『アンチゴージャス、アンチチープ』

確かに、レストランにもその思想を感じることが出来ました。

同じ「無印良品 銀座」の地下1Fにある『MUJI Diner(ムジダイナー)』と比べて、こちらは大人向けのメニュー構成です。

落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくりと過ごしたいなら、『ムジダイナー』よりも、6Fのレストラン『WA』をお薦めします。

★ムジダイナーのご紹介はこちら

『MUJI Diner(ムジダイナー)』の感想は?メニューや味の実食レポート

「無印良品」をお得に利用するために・・・

MUJIメンバーなら、『無印良品週間』を外すわけには行きません。

もし、まだ「MUJIメンバー」でない方は、今すぐ登録して下さいね(^^♪

「MUJIメンバー」は、とっても簡単です。

もちろん、登録料&年会費もすべて無料のノーリスク。

登録しておけば「無印良品週間」に、お得な≪クーポン≫が勝手に届きます(人´3`)⌒♡ 

MUJIメンバー登録MUJI.netメンバー

特に、大物の家具・家電類などは、『無印良品週間』や「セールの大幅値下げ」、それに「送料無料キャンペーン」などを利用すると、かなりオトクに手に入れることができます。

「文房具」や「雑貨類」の割引きといえば、たかだか数百円程度です。

でも、大型家具・家電」ともなれば、千円何万円もの違いになります(╥ω╥`)

家具は長く使いたい、そして高いものだから、絶対に失敗したくない。

そう思っているのは、私だけでは無いハズ!?

「無印良品」の人気商品を参考にしたい方もいらっしゃるでしょう。

2018年人気ランキングを見てみる

私が家具を選ぶ時は、実際に使っている方々の「リアルな感想」や「口コミ」を参考にしています。

我が家のリアルな体験談も、ぜひご参考にしてみてください。

『無印良品』の商品レビューもご紹介しています。

「無印良品」商品レビュー記事一覧

皆さん、「MUJIマイル」は上手に貯めていますか?

「MUJIマイル」をたくさん貯めて、より多くの『MUJIショッピングポイント』をもらうためには、コツがあります。

「MUJIマイル」を上手に貯める一番の秘策は、『MUJI カード』を利用することです。

年会費無料『MUJIカード』は、持っているだけで、毎年1,500円分のポイントが貰えます。

でも、他にも色々とお得なことがあるんです。

「MUJIメンバー」登録しているだけの方は、モッタイナイφ(≖ω≖。)♪