素敵な美術館カフェで過ごす★癒しのひと時☆。.*:+母の日にもデートにもGood(^-^)b

まもなくゴールデンウィークですが、ご予定は決まりましたか?

長期のお休みを取れる方は旅行の計画でしょうか。観光地はきっと今年も賑やかでしょうね。

もし、これといった予定がなく「どう過ごそうかな・・・」、あるいは「雑然とした日常を離れて静かに過ごしたいな。。。」そんな方がいらっしゃったら、美術館カフェなんていかがでしょう。美術館に併設されているカフェやレストランは、総じて素敵なところがたくさんありますよ。いつもとはちょっと違った雰囲気を、気軽に楽しむにはとても良い場所だと思います。

GWのお次は「母の日」もやってきます。ありがちなお花やプレゼントではなくて・・・

お母様を素敵なカフェのある美術館に誘ってみるというのは、いかが?

例えば、この千葉市美術館は、旧川崎銀行千葉支店の建物(昭和2年建設)を保存、改修した歴史的建造物だけあって、建物そのものがとても重厚で美しいのが特徴です。千葉市役所中央区役所も併設されています。建設省設立50周年記念事業「公共建築百選」にも選ばれています。

☆⌒(*^-゚)b(゚∇^d

スポンサーリンク
レンタグル(大)

最上階は、素敵なカフェ・:*:・゚☆

美術館を利用しなくても、カフェの利用だけでもOKですよ。

美術館11階にあるカフェレストラン「かぼちゃワイン」

最上階ということで、とても見晴らしが良く、テーブル席だけでなく、外を見渡せる気持ちの良いカウンター席もたくさんあります。

コースだけでなく、ランチメニューもお手頃1,000円前後でいろいろ選べますし、企画展に合わせた特別メニューがあったりと楽しみですし、一人でも気兼ねなく利用できるところも気に入っています。

只今、5/28(日)まで企画展が開催中です。

というわけで、企画展メニュー≪イングリッシュブランチ 1,080円(税込)≫をオーダー(^^♪

さすが!芸術的な(?)タルティーヌですね

フレッシュトマトに、エリンギもたっぷり!

スモークサーモンのサラダがとても美しくて、つい見とれちゃいます(^^♪

注目は、デザート☆^(o≧▽゚)oニパッ

≪くるみガトーショコラ≫

小麦粉不使用なんだそうですよ。小麦アレルギーの方でも食べられるし、ロカボdietにも良さそう♪う~ん、なんて優しいスイーツなんでしょうと感心・感動!

(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

ヘルシースイーツにありがちな“○○にしては美味しいね”的な中途半端な味ではありません!満足感のある美味しいガトーショコラですので、アレルギーでもロカボでなくてもおススメ♪

さてこちらの『かぼちゃワイン』さん、「お料理がすご~く美味しい」というわけではないのですが、お値段もリーズナブル、この雰囲気も景色も含めた満足度は高いです。

(b^ー゚)!!(゚∇^d)~~

カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ例えば『三井一号館美術館』には、クラシカルな雰囲気のCafe1894とか、子供の頃から馴染んでいるからか定番『上野西洋美術館』には、どこか懐かしさを感じさせるcafeすいれん等々・・・有名なところも良いですが、身近に”美術館カフェ”があるかもしれませんよ。

今年2月出版の「カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ」は、本を眺めるだけでも心が豊かになれます。

■ビジュアル本としてもgood( ^∇^)b

東京のちいさな美術館めぐり「東京のちいさま美術館めぐり」初版は一昨年ですが、持ち歩きにちょうど良いサイズで、小さな美術館に限らず幅広く網羅されているので、美術館入門編としても、穴場探し的なガイド本としても(o^-‘)b グッ!

写真も豊富ですし、それぞれの個性や特徴が分かり易くイメージしやすいのも(゚∇^d) グッ!! 

■Kaoruもかなりヘビーユーズ☆⌒(*^-゚)b

朝倉彫塑館の日本間から中庭の池を眺めながら過ごす時間は、他の美術館では味わうことのないひと時なのです。ちひろ絵本美術館の優しい作品と素敵なカフェも好きで、安曇野ちひろ美術館にも行っちゃいましたし(*’ー’*)ふふっ♪

京都のちいさな美術館めぐり実は東京版だけでなく「京都のちいさな美術館めぐり」もあります!

Kaoruも、夢のシンプル&スローライフが実現した暁には、この本を片手に、まだ行ったことのない素敵な美術館やカフェに出会うため、時を忘れてゆっくりと京都の街を散策したいなヽ*⌒∇⌒)ノ

実はもう本だけ先に買っちゃったんですのよ(〃^∇^)o_彡☆あははっ

ご拝読ヾ(@^∇^@)ノありがとうございます。
ランキングに参加しています
応援してもらえると、嬉しいです♪
にほんブログ村 グルメブログ カフェへ 

スポンサーリンク
レンタグル(大)
レンタグル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする