MUJI HOTEL GINZA(ムジホテル銀座)に泊まってみた。「無印良品 銀座」にオープンした客室の内部・予約や値段を徹底解説

『無印良品 銀座』&『MUJI HOTEL GINZA』が、2019年4月4日(木)にオープンしました。

日本では初の“MUJIホテル”のオープンですから、とても気になりますよね?

そして、「MUJIホテル」「MUJI Diner」を併設した世界旗艦店『無印良品 銀座』が誕生しました。

「無印良品 銀座」の魅力は、こちら↓↓↓

「無印良品 銀座」は何が新しいの?24時間まるごと無印を体験してみた

「ATELIER MUJI GINZA」のレポート↓↓↓

「無印良品 銀座」の見所を紹介!おススメは『ATELIER MUJI GINZA』

『MUJI HOTEL GINZA』

東京都中央区銀座3丁目3ー5

スポンサーリンク

『MUJI HOTEL GINZA』ついに誕生!

コンセプトは・・・

「アンチゴージャス、アンチチープ」

具体的に、なにを目指しているのでしょうか?

「無印良品」公式HPより、引用してみました。

ちょうど良い価格で良く眠れ、旅先において体と心を整える空間と、宿泊客と土地をつなげるサービスを用意します。
旅や移動は、いまやくらしの一部となり、非日常から日常の延長へ、用意されたことを消費するだけの旅行から、自ら作り出す自分だけの体験へと、その需要は変化しています。MUJI HOTELはそういった需要に対応し、無印良品の店舗と連携することで、タオルの手触り、コンセントやスイッチの配置、レストランのメニューや空間などを通して、無印良品の思想を体感いただけるホテルを目指します。

無印良品の思想を体感できるホテル

「無印良品」は、2018年3月に、世界最大規模の旗艦店「無印良品イオンモール堺北花田」をオープンさせています。

今までにない、「鮮魚、果物、野菜など生鮮食品」まで取り扱う”大型スーパー”があったり、ブッフェスタイルのMUJIカフェを併設したりと、新しい「無印良品」の魅力を存分に味わうことができます。

商品を販売するだけでなく、様々な体験を通じて「MUJIの世界観」を伝えて行こうという姿勢を感じます。

そして、その集大成として『MUJI HOTEL』へと、昇華されていくのでしょう。

『MUJI HOTEL GINZA』のフロントは6Fにあります。

フロントの壁面に使われているのは、路面電車の敷石です。

その昔、都内を走っていた路面電車の敷石を墨汁で着色し再利用したものなのだそうです。

この街の遠い記憶をそっと閉じ込めて、最新のホテルへと蘇らせています。

ぜひ、スタイリッシュな壁の秘密を確かめに行ってみてください。

同じ6Fフロアには、フロント以外に、こんなものが・・・

「無印良品が考える未来を見据えたメッセージ」を発信する場として、5つのコーナーが展開されます。

◆「ATELIER MUJI GINZA」:複合的なデザイン文化の発信基地

◆2つの「Gallery」:ものづくりやデザインにまつわる様々なテーマから展示を企画します。

◆「Salon」:おいしいコーヒーやお酒を飲みながら、”人が語らい集う”場所

◆「Library」:デザイン・アート関連の書籍をラインナップ

◆「Lounge」:トークイベントやワークショップを開催します。

「無印良品が考える未来」とは、果たしてどんな風景なのでしょうか。。。

ホテルを利用すれば、『MUJIの世界観』を存分に体験できます。

【写真引用:無印良品公式HP】

「無印良品」の商品は、日常生活に直結した日用雑貨、衣料品、食品に、家具やインテリアに至るまで、機能性を重視したシンプルなアイテムが7,000以上もあります。

『MUJIホテル』の客室は、全79室(7~10Fまで)

ホテルの内装からアメニティーまで、「無印良品」のアイテムが使われています。

【写真引用:無印良品公式HP】

正に、「無印良品の思想を体感できるホテル」(良品計画)

ホテルで過ごす時間を通して、“無印良品ワールド”をとことん体験できる絶好のチャンスです。

【写真引用:無印良品公式HP】

「MUJI HOTEL GINZA」には、ホテル全体、部屋の隅々に至るまで、“MUJIが提唱するライフスタイル”そのものの空間が広がっていることでしょう。

宿泊・設備について

一番の特徴は、年間を通して価格の変動がないことです。

平日と祝日、ハイシーズンやオフシーズンの価格差がありません。

いつでも、同じ部屋を同じ価格で予約することが出来るシステムです。

タイプ 面積(m2 部屋数 ベッドタイプ 価格(円)
A 14~15 8 セミダブル 14,900
B 20 4 ダブル 27,900
C 24~25 44 ダブル 29,900
D 34~35 12 ツイン 35,900
E 36~37 4 ツイン 36,900
F 36 1 ツイン 36,900
G 25 4 2段ベッド 29,900
H 27 1 ダブル 29,900
I 52 1 ツイン 55,900

※1室あたりの値段。消費税、サービス料込み

◆チェックイン【15:00】

◆チェックアウト【11:00】

Wi-Fi完備

標準客室室内設備

歯ブラシ歯磨き粉・髭剃り・シャワーキャップ・コットン・綿棒・シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・ハンドソープ・冷蔵庫・金庫・電気ケトル・ドライヤー・パジャマ

■詳しくは無印良品公式HP

朝食サービス

和食レストラン『WA』

席数:51席

朝食は宿泊者限定です。

ホテルの宿泊予約の際に、オプションで「朝食サービス」が付けられます。

■朝食 7:00 – 10:00(9:30 LO)

 ※大分県のお料理は6月末までの提供予定

【朝食】1,800円(税込み)

「和食」と「洋食」のメニューが、好きなものを好きなだけいただけます。

★朝食・ランチ・ディナーをご紹介しています↓

「ムジホテル銀座」の朝食サービス公開!レストラン『WA』のメニューが美味しかった

MUJIホテル銀座の客室を初公開!

早速、ツインの部屋をゲットしました。

★予約はこちら⇒MUJI HOTELへ

『MUJIホテル』実体験レポートを順次UP致します。

気になる客室をご紹介します。

Dタイプのツインのお部屋に、イザ!入室。

木がふんだんに使われてます。

無印良品らしさが感じられる空間でした。

第一印象は、予想以上に広い。

しかも天井がめちゃめちゃ高くて開放的。

カウチソファーに、人をダメにするソファーまで置いてあります。

身体にフィットするソファー

セミダブルのベットは、もちろん無印良品です。

羽毛ふとんも枕もリネンも無印。

実際に2泊してみて、MUJIのベッドの快適さに目覚めてしまいました。

対象ベッド+対象マットレス20%OFF

※「いっしょ割」は「無印良品週間」の割引きの対象にはなりません

ベッドサイドには、コンセント完備です。

セパレートタイプのパジャマでした。

ただし、生地がとても薄い。。。

窓辺には長机と椅子があり、パソコン作業もバッチリです。

もちろんフリーWifiあり。

ゴミ箱も、我が家で使っているものと同じでした。

コーヒーマシーンまで有るとは、予想外で~す(笑)

冷蔵庫には、飲み物まで入っています。

ポットとアロマディフューザーもお試し出来ますよ。

電気ケトル

超音波うるおいアロマディフューザー

もちろん空気清浄機も。

空気清浄機

トイレもシンプルなウッディ調です。

右がクローゼット、左がバスルームです。

クローゼットを開けると自動的に照明が付きます。

パジャマやスリッパ、金庫もクリーゼットの中に収納されています。

さて、バスルームを覗いてみましょう。

ガラス張りのスタイリッシュなバスルーム

大きなバスタブにゆったりと♪

洗い場があるので使いやすいです。

Dタイプのツインの部屋には、バスルームにオーバヘッドシャワーがついていました。

リラックス効果抜群。

洗面台も広くとってあります。

無印良品のアメニティ一式

クレンジング、基礎化粧品も用意されていました。

女子にはとてもありがたい♪

ムジホテルの部屋には「タブレット」が設置されています。

照明やエアコン、カーテンの開閉も全てタブレットで調整できます。

ちなみに、宿泊費のお支払いは、前払い方式【ネット予約時でも可】でした。

チェックアウトの時に時間がかからなくて良かったです。

『OMO5 東京大塚』に泊まってみました。 『OMO5(オモファイブ)』とは、あの“星野リゾート”の新たなホテルブランド。 ...

世界旗艦店「無印良品 銀座」のコンセプト

目指しているのは・・・

「食べ物」と「人」との関係を、再度見つめ直すきっかけとなること。

1Fフロアには、産地直送をテーマとした『青果』

そして、新鮮なフルーツを使ったジュースやデザートの販売

さらには、オリジナルの『ジューススタンド』などもあります。

また地下1Fには、新しいレストラン『MUJI Diner』が併設されています。

テーマは、MUJIカフェでもお馴染みの「素の食」です。

★詳しいご紹介はこちら↓↓↓

『MUJI Diner(ムジダイナー)』の感想は?メニューや味の実食レポート

「無印良品」をお得に利用するために・・・

もし、まだ「MUJIメンバー」でない方は、今すぐ登録して下さいね(^^♪

「MUJIメンバー」は、とっても簡単!

しかも登録料&年会費もすべて無料のノーリスクです。

登録しておけば「無印良品週間」に、お得な≪クーポン≫が勝手に届きます(人´3`)⌒♡ 

MUJIメンバー登録MUJI.netメンバー

特に、大物の家具・家電類などは、『無印良品週間』、そして「セールの大幅値下げ」や「送料無料キャンペーン」などを利用すると、かなりオトクに手に入れることができる。

これは私の経験上、実感していることです(^^♪

「文房具」や「雑貨類」の割引きといえば、たかだか数百円程度です。

でも、大型家具・家電」ともなれば、千円何万円もの違いになります(╥ω╥`)

家具は長く使いたい、そして高いものだから、絶対に失敗したくない。

そう思っているのは、私だけでは無いハズ!?

私が家具を選ぶ時は、実際に使っている方々の「リアルな感想」や「口コミ」を参考にしています。

我が家のリアルな体験談も、ぜひご参考にしてみてください。

『無印良品』の商品レビューもご紹介しています。

「無印良品」商品レビュー記事一覧

皆さん、「MUJIマイル」は上手に貯めていますか?

「MUJIマイル」をたくさん貯めて、より多くの『MUJIショッピングポイント』をもらうためには、コツがあります。

「MUJIマイル」を上手に貯める一番の秘策は、『MUJI カード』を利用することです。

年会費無料『MUJIカード』は、持っているだけで、毎年1,500円分のポイントが貰えます。

「MUJIメンバー」登録しているだけの方は、モッタイナイφ(≖ω≖。)♪